アレルギー性紫斑病の予後

アレルギー性紫斑病の予後

アレルギー性紫斑病の予後

アレルギー紫斑病の割合

かなり頻繁にみられる病気というわけではありませんが、5歳〜15歳の小児に起こる全身性血管炎の中では最も多い病気になります。男児と女児の割合を比較してみると、男児の方が多く、男児:女児=2:1の割合となっています。ヨーロッパや北半球は冬に多く発症をしますが、春や秋に発症するケースもあるため、一概にどの季節に発症がしやすいという事は言えないようです。

 

この病気は遺伝性でもありませんし、感染することもできないため、予防することはできません。

 

アレルギー紫斑病の予後

基本的にアレルギー性紫斑病に関しては、治療はほとんど必要ない事や重症の場合でも治療が短期間で行われることから、治療薬の副作用が問題となることはほとんどありません。しかし症状の中で一番重いのが腎障害になります。ステロイドと免疫抑制剤の長期の併用が、一部の患者の中には副作用が問題となるケースがあります。

 

しかし、病気を見たとしてもおよそ4週間〜6週間以内です。6週間以内に1回位は再発するかもしれませんが、2回目という事もあり始めのころよりも短期間で回復して症状も軽度です。まれに、症状が繰り返し起こることもありますが大多数の場合には完治をする病気です。

 

一番重篤になるのが腎臓の障害になります。腎症の有無を核に印するための尿検査は、当然病気を発症している間はもちろんのことですが、数週間後に発生するという事もあることから尿検査をすることは大切です。

 

長期の予後を見てみると、ほとんどの場合は自然に治癒されるため、長期にわたって治療を必要とする必要はありません。しかし尿の異常があったり、腎症を持つ症例では腎不全になる可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク