アレルギー性紫斑病の看護

アレルギー性紫斑病の看護

アレルギー性紫斑病の看護

アレルギー性紫斑病の原因と治療について

アレルギー紫斑病についてですが、ウイルスや細菌戦干渉や、予防接種(インフルエンザワクチンの副反応と添付文章にも記載があります。また、食物アレルギーや薬剤アレルギーがきっかけで、身体の細い血管である毛細血管から血液が漏れ出して紫斑となる赤い斑点や赤紫色の痣や関節痛、腹痛、腎炎、血便などが起こります。

 

軽傷であれば、気が付かないうちに発症して治ってしまう事も多くあります。薬物療法としては血管を強くする薬を処方され、腹痛を感じるときには病院を受診するというケースが多いようです。

 

アレルギー性紫斑病の看護について

子供の場合、腹痛などの痛みが治まらない場合に看護がとても大変です。入院をするかしないかという点についてですが、大学病院でも「腹痛が強くなれば受診してください。」というケースが多く、入院を考えしかも子供のため付き添いが可能な部屋を感がると費用がかさむことから、自宅療養という案内をするケースが多いようです。

 

看病する側としても、自宅で治療が可能なのであれば、自宅からの通院治療が望ましいのですが、痛みが治まらない場合には入院をせざるを得なくなります。入院すると、ステロイド剤などを点滴し、腹痛が出ないケースが多い為、痛みがあるようであれば入院という選択を医師と相談の上早めにしてもよいかもしれません。

 

当然、付き添いなしでの入院という事もありますが、子供が入院に慣れるまで、なかなか泣き止まない等の事もあるため看護する側も悩むことがあるかもしれません。しかし、病院であればナースコールもありますし心配かもしれませんが、病院で適正な治療を早めに受けて、早めに退院というのが子供の回復を早めるための1つの手段だと言えます。

スポンサーリンク