老人性紫斑病の治療方法

老人性紫斑病の治療方法

老人性紫斑病の治療方法について

高齢者では気が付かない程度の刺激によって内出血が生じて紫斑ができます。これを老人性紫斑病といいます。紫斑の形は様々ですが、高齢になるほど大きな紫斑を生じやすくなります。老人性紫斑は高齢者の委縮した皮膚に多く見られます。

 

最も出現しやすいのは、紫外線の影響を受けやすく、いろいろなものを触れる機会の多い手の皮膚です。また、皮膚は加齢とともに徐々に変化してきます。皮膚の表面は加齢とともに薄くなり、内部は血管の周囲を支えているコラーゲンが減少してきます。皮膚も血管も脆くなって弾力が無くなってくるのでわずかな刺激を受けただけで内出血を起こしやすくなります。

 

検査と診断

老人性紫斑病であるがどうかは血小板機能に異常をきたしている場合や血液凝固因子といわれるものが減少していると出血傾向を示します。血小板数、出血時間、プロトロンビン時間(止血時間)を血液検査で調べましょう。これらに異常がなければ老人性紫斑病で、異常があれば他の疾患の疑いがあるので詳しく検査する必要があります。

 

治療方法

通常は数週間で自然に治癒することが多くと痛みなどの自覚症状が出ないことから、治療せずに放置していることが多いです。もし紫斑の色が濃い場合や痛みがある場合は、患部を包帯などで保護すると早く治癒するとされており、有効な治療方法です。

 

また、皮下出血は鎮痛剤を服用する治療方法でその痛みを和らげることができて有効です。何らかの疾患でステロイドを使用している人は、皮下出血の症状を悪化させることもあるので使用を中止します。

 

また、軽い刺激で生じるため、繰り返しが多いのも特徴です。通常の老人性紫斑病は加齢に伴う症状であるので、治療よりも、腕や手を守るために長袖の服を着たり、手袋を着用するなどの予防を心がけることが重要になります。

スポンサーリンク

関連ページ

症状
原因
予防