高齢者の紫斑病性腎炎

高齢者の紫斑病性腎炎

高齢者の紫斑病性腎炎

紫斑病性腎炎は小児が多いとされる疾患ですが、高齢者でも発症することがあります。紫斑病性腎炎はどのような年代でも発症するのか、紫斑病性腎炎は症例が少ないと治療法が確立されないものなのか、高齢者の紫斑病性腎炎の症状はどのようなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎はどんな年代でも発症するものなのか

紫斑病性腎炎は大人や高齢者でも発症することがあります。もちろん小児と比べると発症率は低いですが、高齢者で紫斑病性腎炎になってしまった場合、腎炎の悪化により腎不全になると治療をずっとしていかなければならないため、なかなか治るということが難しくなります。また大人の治療法がなかなか確立されていないということが原因となる事もあります。

 

紫斑病性腎炎の症例が少ないと治療方法は確立されないものなのか

紫斑病性腎炎は小児が多い疾患で、大人や高齢者の症例は少ないです。症例が少ない難病は治療法が確立されていないことが多く、また同じように治療しても皆に効果があるとは限らないためなかなか治療法が確立されないということになりかねないようです。

 

高齢者の紫斑病性腎炎はどのようなものなのか

高齢者の紫斑病性腎炎の症状は腹痛や関節痛などが出る、というよりも腎障害を引き起こしやすくIgA腎症の値も高くなりやすいらしいです。紫斑は特に強い薬剤を使用しなくても、良好になることが多く見られます。

 

紫斑病性腎炎は小児から高齢者までどの年代でも発症することがある疾患ですが、小児の割合が多く大人については治療方法が確立されていないこともあります。高齢者については、腹痛や関節痛などの症状よりも、紫斑や腎傷害の症状がみられることが多いようです。

スポンサーリンク