軽度の紫斑病性腎炎

軽度の紫斑病性腎炎

軽度の紫斑病性腎炎

紫斑病性腎炎は軽度な場合には紫斑がでるだけで、そのまま治癒していくことがあります。紫斑病性腎炎は軽度な場合とそうではない場合の違いはあるのか、紫斑病性腎炎で度蛋白尿腎生検をしなければならないのはどのような時なのか、紫斑病性腎炎で予後が良くなっても再発することはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は軽度な場合とその他ではどのような違いがあるのか

紫斑病性腎炎で軽度の場合には、紫斑のみが出て自然に治っていく場合があります。いっぽう軽度ではない場合には、半分くらいが腎炎を発症し腎機能が低下することがあります。また慢性腎炎になると、腎不全を起こしてしまうこともあり、そうなると治療を続けていかなくてはならなくなります。

 

紫斑病性腎炎で腎生検をしなければならない時とはどのような時なのか

紫斑病性腎炎では蛋白尿の検査結果などによって、治療方針が変わることがあります。

 

軽度の蛋白尿であっても長期で1年以上続いているような場合には、腎生検を行うことがあります。

 

また中程度の蛋白尿の場合には半年以上、高度の蛋白尿の場合には3ヵ月以上で腎生検を行います。

 

紫斑病性腎炎で予後が良好でも再発してしまうことはあるものなのか

紫斑病性腎炎で予後が良好で、治療があまり必要なくなることもあるでしょう。しかし紫斑病性腎炎を一度でも患っている場合、再発したりすることがある確率が60%くらいある症例が確認されているので、再発には気を付けて生活していくことが重要です。

 

紫斑病性腎炎は紫斑だけがでるような軽度の場合もありますが、腎不全を発症してしまうなどの重度のケースもあります。内容によって治療方法は変わってきますが、一旦よくなっても、また再発する確率も高く、予後も再発しないように検査などをしてチェックしながら生活していくことが大切です。

スポンサーリンク