肝紫斑病の病理

肝紫斑病の病理

肝紫斑病の病理

肝紫斑病は他の病気と診断するのが困難なことがあり、病理検査で病名が確定することがあります。肝紫斑病は病理検査で診断を確定することが出来るのか、肝紫斑病は紫斑病とついているが紫斑が出る病気なのか、肝紫斑病は軽症の場合には治療などはしなくて良いものなのか、などを紹介したいと思います。

 

肝紫斑病は病理検査で病気を確定させることができるのか

肝紫斑病は他の病気との識別がとても難しいため、病理検査をして病名が確定されることがあります。

 

とくに癌や肉腫などと識別を間違えると、死に直結するため、病理検査をすることが必要です。

 

肝紫斑病は嚢胞が破裂することで、良性疾患ですが死亡するケースもあります。

 

肝紫斑病は紫斑が症状として出る疾患なのか

肝紫斑病は紫斑病と付いていますが、肝臓紫斑病とも呼ばれる病気なので肝臓内に病状が発生します。紫斑などが出るわけではなく、症状は何もでないため、なかなか発見されにくいと言われています。検査などをする際に発見されることが多いでしょう。

 

肝紫斑病は軽症の場合には治療をしなくてもよいものなのか

肝紫斑病は僅かな異常がみられるような軽度の場合には、治療は特に受けない人もいます。

 

嚢胞が破裂すると出血して重症になるため、嚢胞などができていないかきちんと確認する必要があります。

 

肝紫斑病は肝細胞癌や他の癌などと識別がとても難しいとされています、識別が難しい時には病理検査をすることで確定させることが出来ます。肝紫斑病は検査などで発見されることが多く軽症の場合には、特に治療などしないことも多いです。嚢胞を発見する手段としては、超音波検査やCTなどがあり、嚢胞が破裂すると危険な状態になることがあります。

スポンサーリンク

関連ページ

肝紫斑病とは
原因