肝紫斑病の原因

肝紫斑病の原因

肝紫斑病の原因

肝紫斑病はどのような原因で起こるのかというと、何らかの病気が原因で引き起こされてしまうことがあるようです。肝紫斑病はどのような事が原因で起こることがあるのか、肝紫斑病は薬などによって発症することはあるものなのか、肝紫斑病はよくある病気なのか、などを紹介したいと思います。

 

肝紫斑病はどのような事が原因で引き起こされることがあるのか

肝紫斑病は何らの病気にかかったことがある人、かかっている人が発症している事が多いようです。例えば免疫抑制剤などを使用していた人、悪性腫瘍がある人、膠原病にかかった事がある人、エイズなどに感染している人などです。もちろん原因が不明という場合もあります。

 

肝紫斑病は使っていた薬などによって起こることはあるのか

肝紫斑病は、アザチオブリン、経口避妊薬、アンドロゲンステロイドなどを使用していることによって起こることがあります。自覚症状がないため、なかなか発見するのが難しく、検査などをすることによって発見されることが多いです。治療法も確立していない事もあります。

 

肝紫斑病はよくある病気なのか

肝紫斑病はとても稀な疾患で、症例などもとても少ない病気です。初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。ですから治療が確立していなかったり、原因が定かでないことが多々あり、治療が難しいとされています。

 

肝紫斑病は何らかの病気を発症していたり、発症したことがある人がかかる疾患です。例えば免疫抑制剤などを使用していた人、悪性腫瘍がある人、膠原病にかかった事がある人など疾患があった人や、他には原因として薬を使用することで発症してしまうこともあります。治療法は確立されていないことが多く、症例も少ないまれな疾患です。

スポンサーリンク

関連ページ

肝紫斑病とは
病理