肝紫斑病とは

肝紫斑病とは

肝紫斑病とは

肝紫斑病は無症候性の疾患で、肝臓の中にランダムに発生し、いくつもの嚢胞ができてしまう疾患です。

 

肝紫斑病はどのようなものなのか、肝紫斑病は他に似ている疾患はあるのかどうか、肝紫斑病は良性の疾患なのかどうか、などを紹介したいと思います。

 

肝紫斑病とはどのような病気なのか

肝紫斑病は普通無症状で、肝臓の中にいくつも発生し、嚢胞が出来てしまう疾患です。時にはその嚢胞が破裂してしまうことで出血し、死に至ってしまうこともあるこわい疾患です。また、肝疾患などを発症する人もいますが、肝紫斑病はいろいろな検査をする中で発見されることが多いです。

 

肝紫斑病に似ていて識別が難しいものとは

肝紫斑病ととても似ていて、なかなか識別が難しいものに肝細胞癌があります。どちらか確定するためには色々な検査が必要で、生検や腹腔鏡検査、また画像診断などをいくつも組み合わせて検査する必要があるでしょう。他にも肝血管肉腫という疾患も肝紫斑病と識別がとても難しいとされています。

 

肝紫斑病は良性の疾患なのかどうか

肝紫斑病は良性疾患なので、すぐに命に関わるということはありませんが、病気が進行していく中で嚢胞が破裂してしまうことによって、命に関わることもあり、また肝紫斑病と確定するのがとても難しい事があり、他の疾患とにていることもあるため、肝紫斑病と確定診断をきちんとする必要があります。

 

肝紫斑病は肝臓の中にランダムにいくつも嚢胞が発生してしまう疾患です。基本的には良性疾患なのですぐに命に関わることはありませんが、嚢胞が破裂してしまうと命に危険が及ぶこともあるため、嚢胞がどうなっているかどうかなどのチェックをかかさずしなければならないでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

原因
病理