小児の紫斑病性腎炎

小児の紫斑病性腎炎

小児の紫斑病性腎炎

紫斑病性腎炎は小児の血管炎の病気で小児に発症しやすい病気です。紫斑病性腎炎は小児にどのくらい発症しやすいものなのか、紫斑病性腎炎は小児慢性特定疾病ですがね助成は何歳まで適用されるのか、紫斑病性腎炎は自然に治癒することはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は小児にどのくらい発症しやすい疾病なのか

紫斑病性腎炎は小児も大人も発症する病気ですが、小児のほうが発症することが多いです。しかし難病に指定されているだけあり10万人に20人ほどの発症数です。男女の比率でいうと男児のほうが多く、アレルギー性紫斑病から発病するケースもあります。

 

紫斑病性腎炎は小児慢性特定疾病ですが何歳まで適用か

紫斑病性腎炎は小児慢性特定疾病なので医療費助成を受けることができますが、18歳未満までが対象となっています。しかし18歳以上になっても引き続きの治療が必要と認定される場合には20歳未満まで対象になることがあります。現在はそのようになっていますが、制度は色々と変わってくることがありますので、申請する際には確認をした方が良いです。

 

紫斑病性腎炎は自然に治癒することはあるのか

紫斑病性腎炎は高度のタンパク尿が出ていなければ、自然に治癒することもある疾患ですが、タンパク尿がずっと出ている時には、自然に治癒することは難しいと言われています。

 

腎機能が低下しているかどうか、尿蛋白が出ているかどうかを逐一診察していかなければならないでしょう。

 

紫斑病性腎炎は小児に多い疾患です。女児よりも男児が多く、大人になってからも発症することがある疾患です。小児の紫斑病性腎炎は小児慢性特定疾病なので助成を受けることができて、基本的には18歳未満まで受けられます。治療が引き続き必要な場合には認定されると20歳未満まで助成が受けられます。

スポンサーリンク