老人性紫斑病の原因

老人性紫斑病の原因

老人性紫斑病の原因について

老人性紫斑病の原因は、加齢や長期にわたる日光への暴露と加齢によって肌や血管が弱くなっていることです。そのため、少しの衝撃で体に紫斑ができてしまうので注意が必要です。

 

原因

他の紫斑病のように紫斑を引き起こす特定の疾患があるわけではありません。皮膚の加齢変化と血管が脆くなることが原因です。年齢を重ねると血管を保護しているコラーゲンや脂肪組織が減少します。そのため、皮膚はだんだんと薄くなり、血管を守れなくなります。

 

皮膚の構造は、表面から表皮、真皮、皮下組織が層になっています。加齢とともに真皮が薄くなり、膠原繊維と弾力繊維が委縮して肌のハリを失います。皮膚はさまざまな刺激から体を守る役割を果たしています。外部からの衝撃もその1つです。真皮には十分な厚みがあり、弾力性を備えた皮膚なら硬いものとぶつかった時の衝撃を和らげることができます。

 

しかし、加齢によって厚みと弾力性を失った皮膚は衝撃が伝わりやすく、容易に毛細血管が損傷して内出血に至ります。

 

皮膚は加齢によって薄く、弱くなります

老人性紫斑には皮膚の老化が大きく影響しています。皮膚に加齢変化をもたらす要因として、活性酸素と紫外線と乾燥があります。

 

呼吸によって体名に取り込んだ酸素の2〜3%は活性酸素になって皮膚にダメージを与えます。真皮の繊維芽細胞を損傷し、コラーゲンやエラスチン(エラスチンは肌を構成する成分の1つゴムのように伸び縮みする性質をもっています。皮膚や血管、靭帯など伸縮性のある部分では欠かすことができません)と減少させて皮膚を薄くしてしまいます。

 

肌が錆びるとか酸化するといわれるのは活性酸素が原因です。年齢を重ねるほど活性酸素によるダメージが蓄積します。

 

また、体の皮膚のうち老化が顕著にみられるのは、手や腕そして顔など露出している部分です。衣服で常におおわれている皮膚は、加齢変化が緩やかです。これは、紫外線が皮膚の真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを変性させるからです。屋外で日光にさらされる時間が長い人ほど、紫外線による皮膚の老化が進行します。

 

そして、高齢者の皮膚に特徴的なのが乾燥です。皮膚の保湿成分が年齢とともに減少し、皮膚が乾燥します。乾燥した皮膚は刺激に弱く、新陳代謝が不活発になります。

スポンサーリンク

関連ページ

症状
治療方法
予防