紫斑病性腎炎は安静にすべき?

紫斑病性腎炎は安静にすべき?

紫斑病性腎炎は安静にすべき?

紫斑病性腎炎は紫斑などが症状として出る病気ですが、安静にするのがもっとも有効な治療方法です。

 

紫斑病性腎炎はどうして安静にしていなければならないのか、紫斑病性腎炎になった場合避けた方がいい事とはどのような事か、紫斑病性腎炎になるとすべての人が腎炎になるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎はなぜ安静にしなければならないのか

紫斑病性腎炎で腎機能が低下していると、動いてしまうことで血液が腎臓へ行き届かなくなってしまうため安静にすることが大切になります。入院している間安静にしなければならない時には、トイレに行くくらいしか認められない安静となります。

 

紫斑病性腎炎になった場合避けた方が良いこととは

紫斑病性腎炎になると安静にしていなければならないため、立ちっぱなしでいたり運動をしたり、歩き回ったりするのは避けた方が良いでしょう。避けた方が良い事をした場合、紫斑が出ている場合には紫斑が広がっていったり、腎機能が低下している場合には、腎臓機能が悪化することがあります。

 

紫斑病性腎炎は全ての人が腎炎を患うのか

紫斑病性腎炎は腎炎と病名についているので、すべての人が腎炎になるように思われますが、腎炎を発症するのは半分くらいです。尿蛋白の症状がずっと出ていると腎炎がなかなか治らない場合もあります。悪化すると腎不全になることがあります。

 

紫斑病性腎炎は安静にすることが治療として重要になってきます。腎機能が低下していると動いてしまうことで、腎臓に血液が流れなくなってしまうからです。立ちっぱなしでいたり、歩き回ったり、運動をしたりすることは状態を悪化させるだけですので、避けた生活をするようにしましょう。

スポンサーリンク