紫斑病性腎炎の予後

紫斑病性腎炎の予後

紫斑病性腎炎の予後

紫斑病性腎炎の予後はどのようなものかというと、尿蛋白が少ない場合には予後は良好と言われています。紫斑病性腎炎の予後はどのような予後となるのか、紫斑病性腎炎から併発しやすい病気はどのようなものか、小児の紫斑病性腎炎は予後はどのようなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎の予後は

紫斑病性腎炎の症状は個人差があり、予後が良好な人もいますが、中には再発したりなかなかよくならない人もいます。尿蛋白があまり出ていない人は予後が良好になると言われているようですが、難病のため病状はどうなるか分からないことが多いです。

 

紫斑病性腎炎から併発しやすい病気とは

紫斑病性腎炎から併発することがある病気は、ネフローゼ症候群と急性腎炎症候群です。

 

また腎機能が悪化すると、急性腎不全になり、慢性腎不全になってしまうと人工透析を行わなければならなくなることもあります。

 

小児の紫斑病性腎炎の予後はどうなのか

小児の紫斑病性腎炎の予後は、良好になる人もいますが、やはり再発することもあるようです。

 

紫斑病性腎炎ではなく、アレルギー性紫斑病が発症することもあります。アレルギー性紫斑病はアレルギーが発症しやすい時期にかかることがあるようなので、何か症状があった時にはすぐに病院へ行った方が良いでしょう。

 

紫斑病性腎炎の予後は、難病であるので予後が良好になる人もいますが、なかなか治らない人もいます。また紫斑病性腎炎から腎機能が低下してしまうことで、腎不全になってしまうとなかなか予後は難しくなるようです。急性腎不全であれば良くなることもありますが、慢性腎不全になると、命に関わることもありますし、いろいろと気を付けて生活もしなければならないでしょう。

スポンサーリンク