紫斑病性腎炎の薬

紫斑病性腎炎の薬

紫斑病性腎炎の薬

紫斑病性腎炎はさまざまな症状が出ることがあるため、症状に合わせて薬を使い治療をしていきます。

 

紫斑病性腎炎にはどのような薬などが使用されるのか、紫斑病性腎炎は遺伝することはあるものなのか、紫斑病性腎炎は難病で子供でも助成などはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎はどんな薬を使用して治療していくのか

紫斑病性腎炎は紫斑が出たり、タンパク尿が出たりいろいろな症状が出ます。タンパク尿や血尿が出た場合には、抗血小板薬を使用して治療していきます。タンパク尿の程度によって薬なども変わってきますが、長くタンパク尿が続くような場合には、腎生検を行いそれによって腎臓の薬を使い治療していくことになります。

 

紫斑病性腎炎は遺伝するものなのかどうか

紫斑病性腎炎は難病ですが、家族の中で発症したケースがあるとの報告もあるようです。

 

ですから何らかしら遺伝するといった事も考えられます。しかし、紫斑病性腎炎にかかる原因は不明とされています。体質が似てしまうことによって起こるとも考えられます。

 

紫斑病性腎炎は子供でも助成などはあるのか

紫斑病性腎炎は難病指定されている疾患です。子供でも特定疾患となりますので、補助や助成などはあるため、きちんと申請した方が良いです。もちろん大人の場合も同じですが症状によっては認定されないケースもあるかもしれません。

 

紫斑病性腎炎は尿蛋白の状態によって治療方法がかわってくるため、薬なども変わります。

 

アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎になるようなケースはウイルス性のものが関連している事があり、そのような場合には抗菌剤を使用することもあります。腎機能が低下する場合には腎炎の薬を使用していきます。

スポンサーリンク