紫斑病性腎炎の診断基準

紫斑病性腎炎の診断基準

紫斑病性腎炎の診断基準

紫斑病性腎炎は難病ですが診断基準は決められています。しかし大人の場合の紫斑病性腎炎は症例が少ないために診断基準を決めるのが難しい場合もあります。紫斑病性腎炎の診断基準とはどのようなものか、紫斑病性腎炎は小児の腎臓疾患の中では多いものなのか、アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を合併する確率はどのくらいのものなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎の診断基準とはどのようなものなのか

紫斑病性腎炎の診断基準は、アメリカのリウマチ学会で血栓性紫斑病として診断基準が決められています。急性腹痛での疝痛、年齢が20歳以下であるということ、隆起性のある紫斑が出ていること、生検組織で顆粒球が認められていること、これらの中から2つ以上の症状が起こっている場合に紫斑病性腎炎と診断されるとの決まりがあります。

 

紫斑病性腎炎は小児の腎臓疾患では多いのかどうか

紫斑病性腎炎は、小児の腎臓疾患の病気の中ではとても多いものとされていて、腎炎を発症すると悪化してしまうこともありますが、自然に治ってしまう事もある病気とされています。小児で紫斑病性腎炎というのは18歳以下のものとなりますが、紫斑病性腎炎は小児だけでなく大人でももちろん発症します。

 

アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を合併するのはどれくらいか

アレルギー性紫斑病も紫斑病性腎炎も小児に多い疾患ですが、アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を合併するのは3割〜5割くらいの確率と言われています。年齢層でいうと3〜10才くらいの男児に多いでしょう。

 

紫斑病性腎炎の判断基準はアメリカのリウマチ学会での診断基準に基づいて診断されます。

 

診断基準に基づいて基準に合っていれば紫斑病性腎炎と診断されます。紫斑病性腎炎はアレルギー性紫斑病から合併して発症することもあります。

スポンサーリンク