紫斑病性腎炎の再発

紫斑病性腎炎の再発

紫斑病性腎炎の再発

紫斑病性腎炎はいったん病状が良好になっても、再発してしまうことがあります。紫斑病性腎炎は誰でも再発してしまうものなのか、紫斑病性腎炎はどのくらいの割合で発症するものなのか、紫斑病性腎炎から生体腎移植をすることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は再発することがあるものなのか

紫斑病性腎炎は数週間、数カ月で良くなる人もいますが、10%くらいの人が再発してしまうことがあります。紫斑病性腎炎ではなく、アレルギー性紫斑病を再発してしまったり、慢性腎不全にかかってしまうこともあり、再発しないよう定期的に検査などをしてチェックするのも大切です。

 

紫斑病性腎炎はどのくらいの確率で発症するのか

紫斑病性腎炎は年間で1万人に2人くらい発症すると言われています。難病に指定されている疾患なので、治療方法は確立されていないと言われています。小児に発症することが割合多く、大人でも発症することがあります。

 

紫斑病性腎炎から生体腎移植をすることはあるのか

紫斑病性腎炎が悪化して腎機能が低下した場合、人工透析をすることになる腎不全になることがありますが、さらに生体腎移植まで行うこともあります。また、生体腎移植を行っても紫斑病性腎炎を再発することもあります。

 

紫斑病性腎炎は難病なのでよくなったと思っても再発することがあります。症状によって治療方法は変わってきますが、腎機能が悪化することでいろいろな病気を引き起こすことがあります。全ての人が再発するわけではなく、10%くらいの人が再発すると言われていますが、紫斑病性腎炎からアレルギー性紫斑病を数年後に引き起こしたりすることもあるため、いろいろな病状が考えられます。

スポンサーリンク