紫斑病性腎炎の検査

紫斑病性腎炎の検査

紫斑病性腎炎の検査

紫斑病性腎炎はさまざまな検査をした後に治療法を決めていきます。紫斑病性腎炎を疑う場合には検査はどのようなものをしていくのか、紫斑病性腎炎から腎炎はどのくらいの割合で発症するのか、紫斑病性腎炎の原因はどのようなところにあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎の検査とは

紫斑病性腎炎は蛋白尿や血尿が出ることで発覚することがありますが、なかなか自覚症状がないため検査で発見されることもあります。検査は尿検査や血液検査、タンパク尿が一年以上続くような時には、腎生検を行うことがあります。蛋白尿などの値によって、治療内容が変わってくることもあります。

 

紫斑病性腎炎から腎炎はどのくらいの割合で発症するのか

紫斑病性腎炎といっても、全ての人が腎炎になるわけではありません。だいたい半数くらいの人が腎炎を発症すること言われています。またさらに再発になる割合も同じくらいです。途中で経過観察をしなくなるとさらに再発しやすくなると言われているため、経過観察はとても重要な項目となります。腎機能が低下したままになると厄介になることもあるため、再発を見逃さないようにすることも大切です。

 

紫斑病性腎炎の原因とは

紫斑病性腎炎の原因ははっきりとは特定されていませんが、溶血連鎖球菌などが原因になることがあるのではないか、とも言われているようです。紫斑病性腎炎は小児が多い疾患ですが、小児はウイルス性の疾患にかかりやすいこともあり、感染しやすいのではないかともみられています。

 

紫斑病性腎炎の検査は主に尿検査や血液検査また腎生検を行うことがあります。紫斑病性腎炎の症状が良好になっても再発してしまうこともあり、尿検査などの経過観察をきちんとすることによって管理できるところもあるため、予後の観察はきちんとした方が良いでしょう。

スポンサーリンク