紫斑病性腎炎と透析

紫斑病性腎炎と透析

紫斑病性腎炎と透析

紫斑病性腎炎で腎不全を発症すると透析を行わなければならなくなる人もいます。紫斑病性腎炎で腎不全になったらどのような治療をしていくのか、紫斑病性腎炎が腎不全になり悪化すると最後には腎臓移植しかないのか、紫斑病性腎炎で将来人工透析になる確率はどのくらいなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎で腎不全になってしまったら透析はするものなのか

紫斑病性腎炎から慢性腎炎になってしまうと透析を行わなければならなくなることもあります。

 

透析をしなければならないのは、いろいろな数値がありそれに達してしまったときなどになるため検査結果で変わってくることがあります。

 

紫斑病性腎炎で腎不全が悪化すると腎臓移植するしかなくなるのか

紫斑病性腎炎で慢性腎炎になり、腎不全を引き起こしてしまった場合、腎臓の機能がとても悪くなると腎臓移植をしなければならない事があります。腎臓移植とは他の人から腎臓を移植して働くようにする手術です。移植した後には免疫抑制剤などを飲むということをしなければなりませんがその他は普通に生活していくことが出来ます。

 

紫斑病性腎炎で将来人工透析になってしまう確率はどのくらいなのか

紫斑病性腎炎で慢性腎炎になり、将来的に人工透析を行わなければならなくなるような重症化になる人は全ての人の中の5%くらいと言われています。慢性腎炎になったからといってすぐに人工透析しなければならないということはなく、いつくらいから行わなければならないかは、個人差があります。

 

紫斑病性腎炎にかかった人の中で、腎炎を発症するのは3割から5割くらいと言われています。そしてそこから慢性腎炎になると腎不全になり、透析を行うことがあります。人工透析までしなければならなくなる人は、5%くらいとみられています。

スポンサーリンク