紫斑病性腎炎と蛋白尿

紫斑病性腎炎と蛋白尿

紫斑病性腎炎と蛋白尿

紫斑病性腎炎は尿蛋白の結果によって治療方法が変わってきます。紫斑病性腎炎で蛋白尿の値はどのくらいでどの程度になるものか、紫斑病性腎炎で高度蛋白尿であるとどのような病気を併発しやすいのか、紫斑病性腎炎で激しく腹痛がある時にはどのような薬で治療していくのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎で蛋白尿の値とはどのようなものか

紫斑病性腎炎は蛋白尿の値によって治療方法が変わってきます。高度蛋白尿の値とは1.0g/gCr以上で中程度蛋白尿の値とは0.5?1.0g/gCreで、軽度蛋白尿の値とは0.5g/gCre未満の事を指します。

 

軽度蛋白尿であればそのままにして良いのかというのは違って、軽度の蛋白尿であっても1年以上持続して続いているような場合には、治療法が変わってきたりします。

 

紫斑病性腎炎で高度蛋白尿の場合どのような病気が併発しやすいのか

紫斑病性腎炎で高度蛋白尿が出ている場合には、ネフローゼ症候群などを発症しやすくなると言われています。また進行性糸球体腎炎症候群を呈して、急性腎不全になることもあり高度蛋白尿はいろいろなものを引き起こすことが考えられます。

 

紫斑病性腎炎で激しい腹痛がある場合にはどのような薬を使用するのか

紫斑病性腎炎で激しい腹痛が発症するような時には、その後に外科的合併症にならないためにもステロイド薬が必要となってきます。そのときどきの症状によって薬は変わってきますが、何かあった場合にはすぐに病院で診てもらうことがとても大切です。

 

紫斑病性腎炎は蛋白尿が出ることが多く、高度蛋白尿、中程度蛋白尿、軽度蛋白尿などで数値によってわけられます。高度蛋白尿が出ている場合には、いろいろな疾病を合併することも多く検査結果によって治療方法が変わってきます。また軽度蛋白尿であっても、長期で続いているような場合には治療方法が変わってくることがあります。

スポンサーリンク