紫斑病性腎炎と生活

紫斑病性腎炎と生活

紫斑病性腎炎と生活

紫斑病性腎炎は蛋白尿の出ている量によって治療が変わってくることがあります。紫斑病性腎炎は蛋白尿が軽度で特に治療することがない場合どうやって生活すると良いのか、紫斑病性腎炎は病気をしたり疲れたりすると悪化することはあるのか、紫斑病性腎炎で腎障害になると体にどのような症状がでるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は蛋白尿が微量の場合どうやって生活すると良いのか

紫斑病性腎炎は蛋白尿の出ている量によって治療が変わってきます。とくに微量の場合には特に治療をすることがないといった状態になり、生活習慣を変えていくようなことしかできることはありません。規則正しい生活をしたり、体に良いとされているものを摂取したりすると良いでしょう。

 

紫斑病性腎炎は疲労したり病気をすると悪化することはあるのか

紫斑病性腎炎はいろいろな機能が弱っていることで悪化することがあります。たとえば風邪をひいたり、疲れたりすることで腎臓の機能が低下し、尿の色が変化してしまうことさえあるようです。もちろん全ての人に紫斑病性腎炎で腎炎の症状が出るわけではありませんが、変化などもチェックした方が良い時もあります。

 

紫斑病性腎炎が腎障害になると体にどのような症状がでるのか

紫斑病性腎炎の中で腎障害が出る人は半分くらいといわれていますが、自分で感じられる症状としては疲れやすさを感じたり、浮腫になったりすることがあるようです。自覚症状は紫斑以外はそれほどあるわけではないので、ちょっとした違いから何か感じたら病院へ行くようにした方が良いでしょう。

 

紫斑病性腎炎は尿蛋白などが微量にしか出ていないような場合には、とくに治療が必要なく生活週間を改めるしかないくらいということがあります。早寝早起きをしたり、体に良いとされているものを摂取したりして生活すると良いでしょう。

スポンサーリンク