老人性紫斑病の症状

老人性紫斑病の症状

老人性紫斑病の症状について

老人性紫斑病とは、皮下出血が原因で紫斑ができることをいいます。人間の血管は年齢を重ねるごとに弱体化して脆くなっていきます。すると軽い衝撃が加わっただけで皮下出血を起こしアザができるので注意が必要です。

 

症状

できる場所は腕や手の甲、顔面が多く、その部分が皮下出血していることで紫斑になります。人間の血管は年齢を重ねるごとに弱くなっていくので何気ないことでも紫斑ができてしまうので衝撃には注意が必要です。最初は赤や紫色だったものが次第に黄色に変色する場合もあります。ほとんどの場合で痛みはありませんが、まれに軽い痛みを生じることがあります。

 

紫斑の様子

シミのような紫斑が生じます。血管の損傷部分が塞がるまで時間がかかり、大きな紫斑になることもあります。紫斑が消滅するまでは1か月近くかかるのが一般的です。茶色っぽい色素が皮膚に残り、数ヶ月消えないケースもあります。

 

高齢者の肌づくり

老人性紫斑病になりにくい体づくりの1つに皮膚に対するアプローチがあります。健やかな皮膚を保つためには良質なタンパク質をとることが大切です。皮膚は水分以外の70%をコラーゲンが占めています。コラーゲンは皮膚の細胞と細胞の間をつなぐ役割があり、皮膚に水分や栄養素を補給する役割があります。

 

コラーゲンの体内生成量は30代を境に減少するため、それ以降のライフステージではコラーゲンの生成に必要なタンパク質とビタミンCの摂取を心がける必要があります。

 

食が細くなった高齢者はタンパク質が不足気味です。牛乳はそのひとつですが、自分にとって食べやすいタンパク源を見つけておきましょう。老人性紫斑病は加齢現象の1つです。健康に及ぼす影響はありません。痛みがある場合に鎮痛剤の服用が必要ですが、皮膚や血管を丈夫に保ち衝撃をできるだけ受けないようにすることが予防策です。

 

また、老人性紫斑病が確認されたら皮膚や血管が衰えているサインです。他の血管障害にも注意しましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

原因
治療方法
予防