紫斑病性腎炎と高血圧

紫斑病性腎炎と高血圧

紫斑病性腎炎と高血圧

紫斑病性腎炎になっただけでは高血圧になることはないですが、他の疾病を発症すると高血圧になることがあります。紫斑病性腎炎で高血圧になるケースはどのような時なのか、紫斑病性腎炎で腎生検を行う時にはどのような時なのか、紫斑病性腎炎が腎不全になった場合にはどのような治療をしていくのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎で高血圧になる事がある時とはどのような時なのか

紫斑病性腎炎はネフローゼ症候群や急性腎炎症候群を合併して発症することがあります。このような病気を発症すると、高血圧や浮腫、また頭痛などが症状としてみられることがあります。合併症を起こした時には症状に注意すると良いでしょう。

 

紫斑病性腎炎で腎生検を行う時とは

紫斑病性腎炎で腎生検を行うときには、ネフローゼ症候群と急性腎炎症候群を発症したときや、それぞれ単独で発症した時、また持続的にタンパク尿が出ていて、1g/日/m2の値が一カ月以上つづいた時や、持続的にタンパク尿が0.5〜1g/日/m2の量で3ヵ月以上続いた時などに腎生検が適応されます。

 

紫斑病性腎炎で腎不全になった場合の治療はどのような事をするのか

紫斑病性腎炎が腎不全になった場合にはどのような薬を使用して治療していくのかというと、ステロイド剤を使用したり、免疫抑制剤、抗血小板治療薬を使用して治療していきます。

 

腎不全は小児でも大人でも合併して発症することがあります。

 

紫斑病性腎炎はさまざまな病気を合併することがありますが、ネフローゼ症候群や急性腎炎症候群などを発症すると、頭痛や高血圧、浮腫などの症状があらわれることがあります。ネフローゼ症候群や急性腎炎症候群が発症した時には、腎生検を行うことが多いでしょう。他には蛋白尿が持続して長期続いた時にも行います。

スポンサーリンク