紫斑病性腎炎と血栓

紫斑病性腎炎と血栓

紫斑病性腎炎と血栓

紫斑病は紫斑病性腎炎の他に慢性色素性紫斑病、電撃性紫斑、アレルギー性紫斑病、血栓性血小板薬減少性紫斑病などがあります。紫斑病性腎炎は血栓が出来ることがある疾患なのか、紫斑病の中で血栓が出来ると危ない疾患はどの疾患か、紫斑病性腎炎は紫斑の他にどのような症状があらわれることがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は血栓ができやすい疾患なのか

紫斑病性腎炎は急性腎炎を引き起こしやすい疾患ですので、とくに血栓ができやすいものではないですが、紫斑病性腎炎は腎機能が低下しやすくなると言われている疾患で、慢性腎炎になってしまうと腎不全になりやすくなると言われています。全ての人におこるわけではありませんが腎炎を発症するのは半分くらいの人と言われています。

 

紫斑病で血栓ができると危ない疾患はどれか

紫斑病性腎炎は腎不全にならない限り命に関わる疾患ではありませんが、血栓性血小板薬減少性紫斑病は血栓ができると命に関わることがあると言われている疾患です。

 

血小板輸血をすると血栓が出来やすくなるため、血栓性血小板薬減少性紫斑病には、血小板輸血は禁忌です。

 

紫斑病性腎炎は紫斑の他の症状はどのようなものがでるか

紫斑病性腎炎は紫斑の他に、腹痛や関節痛などの症状も強く出ることがあります。また、運動制限があったり、食事制限などがあったりすることから、小児が紫斑病性腎炎になると制限されることが多くて大変です。

 

紫斑病性腎炎は紫斑病のひとつですが、紫斑病の中には血栓がからだに出来ることで命に関わってしまう疾患あるのです。血栓性血小板薬減少性紫斑病では血栓が出来ることで状態が悪化するため血小板輸血は禁忌となっています。

スポンサーリンク