紫斑病性腎炎と看護

紫斑病性腎炎と看護

紫斑病性腎炎と看護

紫斑病性腎炎での看護はさまざまなところで症状をチェックしなければならないでしょう。紫斑病性腎炎はどのような看護をしたら良いのか、紫斑病性腎炎の看護は進行気や急性期にはどのようなところをチェックするのか、紫斑病性腎炎は安静にしていないとどのようになってしまうのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎はどのような看護が良いのか

紫斑病性腎炎の症状はタンパク尿や血尿が出れば分かることがありますが、自覚症状があまりないので見逃さないようにしなければなりません。どこかに紫斑病性腎炎の症状が出ていないかチェックが必要です。

 

また安静にしていなければならない事も多く、食事制限もあるため、小児の紫斑病性腎炎であった場合には悪化しないようにすることが大切です。

 

紫斑病性腎炎が進行・急性期の看護とは

紫斑病性腎炎が進行期や急性期の場合には、きちんと安静が守られているのかどうか、食事制限をきちんと守られているかどうか、ステロイド剤を使用している場合には副作用が出ていないかどうか、タンパク尿などの数値などが高くなっていないかどうか、などをきちんと看護する必要があります。

 

紫斑病性腎炎は安静にするのが治療になりますが安静にしないとどうなるのか

紫斑病性腎炎は安静にするのが治療になります。安静を守れないと、病状が悪化してしまい腎臓機能が悪化してしまうことがあるため、病状が進んでしまうことがあるため、無理しないようにするのが大切です。

 

紫斑病性腎炎は小児に多い疾患ですが、紫斑病性腎炎は安静にするのが治療になるため、看護もとても重要になってきます。きちんと安静にしているかどうか、食事に関して守られているかどうか、薬などの副作用がでていないかどうかなどを主に看護していくと良いでしょう。大人の紫斑病性腎炎は他の病気が併発していないかどうかのチェックも必要です。

スポンサーリンク