紫斑病性腎炎と運動

紫斑病性腎炎と運動

紫斑病性腎炎と運動

紫斑病性腎炎を発症した場合には運動は避けたほうが良いことの一つです。紫斑病性腎炎にかかってしまった人はどうして運動を避けた方がいいのか、アレルギー性紫斑病は運動はしても良いものなのか、大人の紫斑病性腎炎でも安静にした方が良いのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎を発症した人は運動はなぜ避けた方が良いのか

紫斑病性腎炎を発症した場合、安静にすることがもっとも重要なことなので、動き回るような行動は禁止されています。ですから運動すると紫斑が悪くなったり、腎臓の機能が悪化することがあるためしない方が良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病は運動はしても良いものなのか

アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を発症することがありますが、アレルギー性紫斑病になった場合に運動はしても良いのかというと、急性期を過ぎてしまえば特に運動に関して制限されることはないでしょう。しかしいったん良好になっても紫斑病性腎炎を発症してしまった場合には、運動制限されます。

 

大人の紫斑病性腎炎も安静にしなければならないのか

大人でも紫斑病性腎炎になってしまった場合には、安静が必要になります。仕事などをしているとなかなか安静にしているのは難しくなると思われますが、安静にしなければ症状は悪くなってしまうことがあります。入院する場合には安静に出来ますが、通院で安静の指示が出ている場合にはなかなか守れず病状が良くならない事もあります。

 

紫斑病性腎炎は症状が出ている場合には安静にすることが一番の治療となってきますので、運動などの動き回る行為はあまりよくありません。ですから、運動は避けた方が良いことになります。

 

大人になって紫斑病性腎炎になった場合には、安静にすることがなかなか難しくなります。入院して管理できればよくなりますが、入院できない場合には生活を変えなければならない事もあります。

スポンサーリンク