紫斑病性腎炎の治療法

紫斑病性腎炎の治療法

紫斑病性腎炎の治療法

紫斑病性腎炎は小児で発症することが多く、男性のほうが多いと言われています。紫斑病性腎炎の治療法はどのような方法があるのか、紫斑病性腎炎は再発することが多いのか、紫斑病性腎炎の症状はどのように出るのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎の治療方法はどのようなものがあるのか

紫斑病性腎炎で血尿やタンパク尿が出ているだけの場合には、抗血小板薬の薬剤治療をします。また紫斑病性腎炎になる前に溶連菌感染症にかかっていたりする場合には抗菌薬を使用して治療します。

 

タンパク尿が長く続く場合には腎生検を行い、治療方法を決めていきます。症状によって治療方法はそれぞれ変わってきます。

 

紫斑病性腎炎は再発する率が高いのか

紫斑病性腎炎は一度よくなって経過が良好となっても、数年後にはまた症状があらわれ再発する率が高いと言われています。腎炎が存続している状態が6割近くとも言われています。

 

何も症状がでていなくても、定期的に経過を観察していったり、検査を受けると良いでしょう。

 

紫斑病性腎炎の症状はどのように出るのか

紫斑病性腎炎は血管性紫斑病の一症状になりますが、症状としてほぼ全てにみられるのが紫斑です。

 

また他に関節痛や腹痛などがみられる場合が半分以上で、腎炎の症状がみられます。微熱が出たり、全身倦怠感が起こったりするような症状が出ます。

 

紫斑病性腎炎はどのような治療法があるのかというと、紫斑病性腎炎で出ている症状によって治療法は変わってきます。紫斑病性腎炎の前に溶連菌感染症などに感染している場合には抗菌剤を使用することがありますし、出血傾向が強い場合には、抗血小板薬を使用します。紫斑病性腎炎から腎不全にならないように検査をしたりしながら治療していきます。

スポンサーリンク