紫斑病性腎炎の治療ガイドライン

紫斑病性腎炎の治療ガイドライン

紫斑病性腎炎の治療ガイドライン

紫斑病性腎炎の診断は、治療ガイドラインできちんと診断の基準が定められています。紫斑病性腎炎の治療ガイドラインとはどのようなものか、紫斑病性腎炎はアレルギー性紫斑病からどのくらいの率で発症するのか、紫斑病性腎炎での入院はどのくらいの期間になるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎の治療ガイドラインとは

紫斑病性腎炎は治療ガイドラインで診断基準が決められています。年齢が20歳以下であること、急性で腹部疝痛があること、隆起性の紫斑、生検組織で小動静脈壁の顆粒球の存在が認められていること、この中から2つ以上が認められた場合には、紫斑病性腎炎であると判断することが出来ます。

 

紫斑病性腎炎はアレルギー性紫斑病から発症するのか

紫斑病性腎炎はアレルギー性紫斑病から引き起こされると言われていますが、紫斑病性腎炎を発症する確率は3割から6割くらいと言われています。すべての人に紫斑病性腎炎が起こるわけではありませんが、大人が発症すると治療法が確立されていないこともあるため、治療が難しいとも言われています。

 

紫斑病性腎炎での入院について

紫斑病性腎炎で入院するとどのくらいの期間入院が必要なのかというと、もちろん症状によって変わってきますが、最低でも1ヵ月くらい、長くて3ヵ月以上です。安静にしないと紫斑が酷くなるため、活動制限されることがあります。小さな子供の場合ですとなかなか安静にするのが難しいため、長引いてしまうこともあります。

 

紫斑病性腎炎は治療ガイドラインが決められていて、きちんと沿った形て治療していかなければなりません。

 

いっぽう成人の紫斑病性腎炎はこれといった確定した治療法が個人差があるため、定められていないようです。

 

紫斑病性腎炎で入院すると、安静にしていなければならないため最低でも1ヵ月、長くて3カ月くらいの入院生活が必要になります。

スポンサーリンク