紫斑病性腎炎の原因

紫斑病性腎炎の原因

紫斑病性腎炎の原因

紫斑病性腎炎は難病ですのでこれといった原因はいまだ明らかにはなっていません。紫斑病性腎炎の原因で考えられることはどんなことなのか、紫斑病性腎炎は大人もなることがあるのか、腎不全に移行する可能性がある症状とは、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎になる原因はどんな事なのか

紫斑病性腎炎の原因はこれといった原因は明らかにはなっていないですが、アレルギー性紫斑病から合併して起こることが多く、免疫グロブリンAが何かしら関連して原因となっていると考えられています。

 

紫斑病性腎炎になる前にウイルス性の疾患にかかったことが原因だったり、血液に対してのアレルギー反応なども原因ではないかとも言われています。

 

紫斑病性腎炎は成人の大人もかかることがあるのか

紫斑病性腎炎は3歳から10歳くらいの小児が発症することが多いですが、成人すぎた大人も発症することがあります。

 

大人の紫斑病性腎炎の症例がすくないこともあり、治療法がきちんと確立していないこともあるため治りにくいとも言われています。

 

紫斑病性腎炎で腎不全に移行する可能性があるという場合は

紫斑病性腎炎で腎不全に移行してしまうような時には、血尿が出たりタンパク尿が出たりします。腎不全とは腎機能が低下して正常な働きが出来なくなる病気です。紫斑病性腎炎で血尿やタンパク尿と共にむくみなども一緒に出ることがある場合には腎不全になることが考えられます。腎不全が慢性になると人工透析が必要になってくる場合があります。

 

紫斑病性腎炎は難病なのではっきりとした原因はわかっていません。アレルギー性紫斑病から合併している事も多いため、グロブリンAが原因とも言われていたり、ウイルス性のものやアレルギーが何かしら要因になっているとも考えられています。紫斑病性腎炎が腎不全を起こすと長期間治療が必要になることがあり、慢性腎不全になると人工透析が必要になることもあります。

スポンサーリンク