紫斑病性腎炎と難病指定

紫斑病性腎炎と難病指定

紫斑病性腎炎と難病指定

紫斑病性腎炎は難病指定されている疾患です。小児に発症するものとされていますが、大人も発症します。

 

紫斑病性腎炎は難病にしていされているが難病で何か受けられるものはあるのか、小児の紫斑病性腎炎は難病指定されているのか、紫斑病性腎炎はいつ
難病に指定されたのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は難病でどんな事が受けられるのか

紫斑病性腎炎は難病指定されている病気なので、医療費補助を受けることが出来ます。医療費補助を受けるためには医療受給者証の申請をしなければなりません。医師に診断書などと共に提出する書類を用意して申請をする必要があります。

 

小児の紫斑病性腎炎は難病指定されているものなのか

小児はアレルギー性紫斑病などから紫斑病性腎炎を発症することがあります。アレルギー性紫斑病は難病ではありませんが、紫斑病性腎炎を発症すると小児慢性特定疾患となるため、医療費助成を受けることが出来ます。

 

紫斑病性腎炎は難病にいつ頃指定されたのか

紫斑病でも難病に指定されているものは様々ですが、紫斑病性腎炎は平成27年7月1日に追加されました。難病は自分で申請しなければ認定されないので、提出物を揃えて申請を忘れないようにしましょう。難病制度は一度申請すれば終わりではなく、年に1回必ず申請をしなければなりません。

 

送付されてくるものについては目を通す必要があります。

 

紫斑病性腎炎は難病に指定されている病気です。平成27年7月1日に難病制度に認定されました。

 

難病は自分で申請しない限り、勝手に登録されるわけではありません。助成はいろいろあるためきちんと申請を行うようにした方が良いでしょう。小児の紫斑病性腎炎も医療費助成を受けることが出来ます。

スポンサーリンク