紫斑病性腎炎と食事

紫斑病性腎炎と食事

紫斑病性腎炎と食事

紫斑病性腎炎で入院すると食事制限されることがあります。紫斑病性腎炎で入院すると食事制限されるとはどんな事なのか、紫斑病性腎炎にいい食べ物などはあるものなのか、紫斑病性腎炎は他に病気を併発することはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎で入院することによって食事制限はあるのか

紫斑病性腎炎で入院すると、検査内容や治療方法によっては食事制限される場合があります。

 

腎臓に疾患があるため、カロリー制限されたり、塩分・蛋白などを制限されることがあります。

 

入院生活の際にはきちんと管理されているため、安心して食事を摂ると良いですが、退院した後は自己管理をしっかりしなければなりません。

 

紫斑病性腎炎に良いとされている食事などはあるのか

紫斑病性腎炎は腎炎に症状が出ていることがあるため、出来るだけ塩分を控えたり、外食をさけたり、魚などを多く摂取したり、無農薬の野菜を摂るのが良いとされています。

 

逆に避けたほうが良いものといえば、ファストフードや、インスタント食品、塩分が多く含まれているような食品です。

 

紫斑病性腎炎は他に病気を併発することはあるのか

紫斑病性腎炎は他に急性腎炎症候群や、ネフローゼ症候群を併発することがあります。

 

そのような疾患を発症した時には、浮腫が出たり、高血圧の症状があらわれることがあり、腎不全になることもありますので、注意が必要です。

 

紫斑病性腎炎で入院した場合で、尿蛋白などが出ている場合などには食事制限が行われることがあります。塩分を控えたり、カロリー制限などがあります。出来るだけ紫斑病性腎炎になったらインスタント食品を控えたり、外食を控えたりするようにして健康的な食生活を送るようにしましょう。

スポンサーリンク