慢性色素性紫斑の薬

慢性色素性紫斑の薬

慢性色素性紫斑の薬

慢性色素性紫斑は慢性の炎症性疾患ですが、薬などを使用して治療をしていきます。慢性色素性紫斑の治療はどのような薬を使用して行うものなのか、慢性色素性紫斑はどのくらいの期間発症している事が多いのか、慢性色素性紫斑は完治するものなのか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑の治療の薬はどのようなものなのか

慢性色素性紫斑の治療は症状によって変わってきますが基本的には出ている症状の対症治療になります。薬を使用する場合には、紫斑が出来るために止血剤を使用したり、血管強化薬、抗プラスミン薬などを使用して治療していきます。痒みが出ている場合には、副腎皮質ホルモン剤を使用することもあります。

 

慢性色素性紫斑はどのくらいの期間で治っていくのか

慢性色素性紫斑は小児には見られず、中年以降の大人に発症する病気です。最初は両足に紫斑が出るところ主に下腿に症状が出ますが、だんだんと大腿部、臀部などに広がっていき、紫斑の数が増えていきます。急速に増えていくのではなく、2〜3週間にかけてゆっくりと拡大していきます。

 

数週間で治る人もいますが、なかなか治らず慢性的になったり、数年再発を繰り返す人もいます。

 

慢性色素性紫斑は完治するものなのかどうか

慢性色素性紫斑は再発を繰り返したり、慢性化しやすくなるため、なかなか完治しずらい病気と言われています。自然に良くなっていくこともありますが、なかなか治らないといった人の方が多く難しい疾患です。

 

慢性色素性紫斑は急速に紫斑がひろがるよりも期間をかけて紫斑が全身に広がっていく疾患で、かゆみなどを伴う場合もあります。紫斑が酷い時には止血剤を使用したり、かゆみが酷い時には副腎皮質ホルモンを使用して治療をしていきます。小児などにはみられず、大人の中年以降の特に男性に多く発症すると言われています。

スポンサーリンク