慢性色素性紫斑の分類・種類

慢性色素性紫斑の分類・種類

慢性色素性紫斑の分類・種類

慢性色素性紫斑は中年以降にみられることがある疾患ですが、慢性色素性紫斑の中でもいくつかの種類に分類されます。慢性色素性紫斑はどのような種類に分類されるのか、シャンバーグ病とはどのような病気なのか、マヨッキー紫斑と色素性紫斑性苔癬様はそれぞれどのような症状か、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑はどのような種類に分類されるのか

慢性色素性紫斑は3つの種類に分類され、シャンバーグ病、マヨッキー、色素性紫斑性苔癬様の3つにわけられ、それぞれ症状などが変わってきます。慢性色素性紫斑の中には高血圧症を合併したり、静脈瘤を合併することもあります。

 

シャンバーグ病とはどのような病気か

慢性色素性紫斑のシャンバーグ病は不規則な斑が出るのが特徴で、自覚症状はあまりなく、かゆみもほとんどありません。慢性色素性紫斑の中では最も頻度が高くなっています。年齢層としては40代以降にみられることが多く、下腿に症状があらわれます。

 

マヨッキー紫斑と色素性紫斑性苔癬様はそれぞれどのような症状なのか

マヨッキー紫斑と色素性紫斑性苔癬様はどのようなものなのかというと、マヨッキー紫斑は皮膚疾患で下肢の両側に環状に配列して出現し、色素斑がみられるようになるものです。また色素性紫斑性苔癬様は丘疹状の皮疹を伴う病気です。

 

慢性色素性紫斑は3種類に分類され、それぞれシャンバーグ病、マヨッキー、色素性紫斑性苔癬様の種類があります。それぞれ症状などの違いがあり、多少、発症する年齢層なども変わってきます。

 

すべてにおいてこれといった原因はありませんが、毛細血管がもろくなることによって皮膚に近い部分に紫斑があらわれます。慢性化しやすいのがこの病気の特徴です。

スポンサーリンク