慢性色素性紫斑の痛み

慢性色素性紫斑の痛み

慢性色素性紫斑の痛み

慢性色素性紫斑は症状が出ることで痛みが発症するということはあまりない疾患です。どちらかといえば紫斑が悪化していくことで痒みを伴うこともあります。慢性色素性紫斑は痛みがないのであればどんな症状が出るのか、慢性色素性紫斑は別名どのように呼ばれているのか、慢性色素性紫斑が悪化しないようにするためにどのような事をしたら良いのか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑は痛みではなくどんな症状が出やすいのか

慢性色素性紫斑は痛みなどが出ることはあまりありませんが、紫斑などが色素沈着することによって、かさかさしたような症状になったりするとかゆみを生じることがありますが、一般的にはかゆみは生じないと言われています。

 

慢性色素性紫斑は別名があるのか

慢性色素性紫斑は別名で特発性色素性慢性色素性紫斑とも呼ばれることがあります。慢性になることはありますが、基本的には良性の疾患なので、命に関わるようなこともなく、他の紫斑病のように腎臓の機能が低下するような事もありません。

 

慢性色素性紫斑が悪化しないようにするためにはどのような事をしたら良いのか

慢性色素性紫斑が悪化しないようにするためには、下肢に紫斑が出やすいので、出来るだけ下肢を少し高い位置に置くようにすることが良いとされています。また弾性ストッキングなども有効とされているので、悪化しないように使用してみるのも良いでしょう。

 

慢性色素性紫斑は痛みなどが症状として出ることはありませんが、紫斑の状態がカサカサになったりすることでかゆみなどを生じる場合はあるようです。出来るだけ悪化しないように心がけることが大切で下肢を出来るだけ高い部分に置くなどしたり、弾性ストッキングを利用したりすることで悪化しないように日々心掛けるのが大切です。

スポンサーリンク