慢性色素性紫斑の悪化

慢性色素性紫斑の悪化

慢性色素性紫斑の悪化

慢性色素性紫斑は紫斑が悪化していく疾患なので、たくさん歩いたり運動をたくさんしてしまったりすると悪化することがあります。慢性色素性紫斑は悪化するとどのような症状が出るものなのか、慢性色素性紫斑の症状はどの部位にでることがあるのか、慢性色素性紫斑は何科にかかったらよいのか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑は悪化するとどうなってしまうのか

慢性色素性紫斑は紫斑が全身に広がったり、色素沈着が起こったりすることなどで、慢性化してしまうことがあります。また、なかなか紫斑も治りにくく長期にわたり症状がつづく人もいる、と言われていますが、悪化しても体の中で出血しているわけではないため、普通の紫斑病のように腎不全が起こったりすることはないため、その点は悪化しても安心して良いでしょう。

 

慢性色素性紫斑の症状はどのような部位にでる事があるのか

慢性色素性紫斑の症状は主に下腿に出ると言われていますが、体幹や上肢に症状が出ることもあります。紫斑の症状も赤色丘疹から苔癬化して、赤褐色や紫紅色などに変化していきます。

 

慢性色素性紫斑は何科にかかったら良いのか

慢性色素性紫斑は紫斑病になりますが、症状が皮膚に出る疾患なので、皮膚科へかかると良いでしょう。

 

もしくは皮膚泌尿器科にかかることもお勧めです。診断は比較的簡単に分かることが多く、出血が体の中で起こるわけではないので、命などに危険が及ぶ病気ではありません。しかし根治するのが難しく、慢性化するとなかなか治らないケースもあります。

 

慢性色素性紫斑は特に下肢に負担をかけたり、長時間歩いたり、運動をしたりすることで悪化することがあります。症状は慢性化することが多く、なかなか根治しないこともありますが、自然に治っていくこともあります。

スポンサーリンク