慢性色素性紫斑と妊娠

慢性色素性紫斑と妊娠

慢性色素性紫斑と妊娠

慢性色素性紫斑は中年以降に発症することが多い疾患なので、それほど妊娠と関わり合いのあることはないと考えられます。妊娠中に皮膚疾患があらわれるとしたらどのような疾患なのか、慢性色素性紫斑の他に紫斑病はどのようなものがあるのか、慢性色素性紫斑が避けた方が良いこととはどのような事か、などを紹介したいと思います。

 

妊娠中に皮膚の疾患はあらわれることはあるのか

慢性色素性紫斑は中年以降にあらわれることが多いため、かなりの高齢出産でない以外は妊娠中にあらわれることはあまりないと考えられるでしょう。妊娠中に皮膚疾患が出るとしたら妊娠性痒疹です。体幹や四肢などに湿疹が出てとても強い痒みを生じます。

 

慢性色素性紫斑の他にどのような紫斑病があるのか

紫斑病にはいろいろな種類があり、慢性色素性紫斑の他に、アレルギー性紫斑病、単純性紫斑病老人性紫斑病、血小板非減少性紫斑病、特発性血小板減少性紫斑病などさまざまなものがあります。

 

慢性色素性紫斑は命に関わることはありませんが、紫斑病の中には命に関わる重症なものもあります。

 

慢性色素性紫斑が避けた方が良い事とは

慢性色素性紫斑はいくつか考えられる原因があるため、例えば衣類の接触で慢性色素性紫斑を発症することもあるため悪化する衣類を避けたり、下肢に負担をかけないようにするために長い時間歩いたり、立ちっぱなしでいることなどは避けた方が良いでしょう。

 

慢性色素性紫斑は中年以降に発症することが多いと言われているため、妊娠に直接関係することはあまりないと考えていいかもしれません。もしも妊娠中などに慢性色素性紫斑を発症したらすぐに皮膚科の医師に相談すると良いでしょう。慢性色素性紫斑は衣類の接触に注意したり、立ちっぱなしにならないよう気を付けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク