慢性色素性紫斑と糖尿病

慢性色素性紫斑と糖尿病

慢性色素性紫斑と糖尿病

慢性色素性紫斑は皮膚に紫斑ができる病気ですが、糖尿病の場合にも皮膚に症状が出る場合があります。

 

糖尿病で皮膚に疾患が出るのはどのようなものがあるのか、慢性色素性紫斑は内出血するが命に関わるようなことはあるのか、慢性色素性紫斑を発症している人は糖尿病であるヘモグロビンA1cの値が高くなることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

糖尿病で皮膚に疾患が出るのはどのような場合か

慢性色素性紫斑は皮膚に紫斑が出るのが特徴で、しばらくすると色素沈着などをする病気ですが、糖尿病の場合合併症を併発すると、糖尿病性皮膚潰瘍を発症することがあります。皮膚潰瘍は踵や足の裏、背部などに起こり、末梢神経障害による場合に発症します。悪化すると壊疽する場合があるため注意が必要です。

 

慢性色素性紫斑は内出血して紫斑病が出来るが危険ではないのか

慢性色素性紫斑は血液が漏れてしまう状態になり紫斑が出来ますが、他の紫斑病と違って皮膚の表面近くからの出血で、体の中で内出血しているわけではないので、他に内臓疾患に影響が出ることはないため、危険な状態になることはありません。

 

慢性色素性紫斑になる人はヘモグロビンA1cの値が高くなることはあるのか

慢性色素性紫斑にかかった人のデータを調べると、ヘモグロビンA1cが高いという結果がでているようです。ヘモグロビンA1cは糖尿病にかかっているかどうかの数値をみるものなので、慢性色素性紫斑と糖尿病が何かしら関係性があるものとも考えられるかもしれません。

 

慢性色素性紫斑は糖尿病と何らかしら関係性があるものなのかというと、慢性色素性紫斑を発症している人の血液のヘモグロビンA1cを調べてみると、数値が高い人が多いというデータもあるようです。年齢層で違ってくるため、すべての人ではありませんが何らかしら関係があるかもしれません。糖尿病で皮膚に症状が出るものは、糖尿病性皮膚潰瘍があります。

スポンサーリンク