慢性色素性紫斑と静脈瘤

慢性色素性紫斑と静脈瘤

慢性色素性紫斑と静脈瘤

慢性色素性紫斑は静脈瘤や高血圧症を合併することがあります。慢性色素性紫斑は静脈瘤を合併してしまうのはどのような原因があるからなのか、慢性色素性紫斑で静脈瘤を合併した時にはどのような対処をしたら良いのか、慢性色素性紫斑で静脈瘤を発症した場合に有効なものとは、慢性色素性紫斑で処方される内服薬・外用薬とはどのようなものか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑は静脈瘤を合併することがありますが、原因は何か

慢性色素性紫斑が静脈瘤を合併してしまう原因としては、静脈圧が亢進してしまうことで静脈瘤を発症するといわれています。しかしはっきりとした原因は不明とされている病気です。

 

静脈瘤の治療をすることで、慢性色素性紫斑の皮膚のまだらになっている症状は薄くなることはあります。

 

慢性色素性紫斑で静脈瘤を合併したときに有効なものとは

慢性色素性紫斑で静脈瘤を合併した時には、静脈瘤に効果的な、弾力ストッキング、弾力包帯、サポートストッキングなどを使用すると有効なことがあります。静脈瘤が高度な場合には、外科的治療をおこなう事も考えると良いでしょう。

 

慢性色素性紫斑で処方される薬とは

慢性色素性紫斑で処方される内服としては、出血をとめる薬のトランサミン、ビタミンCのシナールなどが処方されます。またかゆみをともなう慢性色素性紫斑には、副腎皮質ホルモンの軟膏が処方されることがあります。

 

慢性色素性紫斑は静脈瘤を合併することがあります。静脈瘤は、弾力ストッキングや弾力包帯、サポートストッキングなどで効果が出ることがあるので試してみると良いでしょう。また、慢性色素性紫斑に出される薬としては、トランサミンやシナールなど、ステロイド剤の外用などがあります。

スポンサーリンク