慢性色素性紫斑と血液検査

慢性色素性紫斑と血液検査

慢性色素性紫斑と血液検査

慢性色素性紫斑は血液検査をしなくても症状から判断することが容易な疾患です。慢性色素性紫斑はどのように診断を確定するものなのか、慢性色素性紫斑は血液検査で異常はでるのかどうか、慢性色素性紫斑かなと思ったらどのような病院へ行ったらよいのか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑は血液検査をしなくても病名を確定できるものなのか

一般的な紫斑病は血液検査を必ずするのが一般的ですが、慢性色素性紫斑は血液検査をしなくても判断が容易な紫斑病です。どうして判断が容易なのかというと、紫斑の部分が色素沈着するような症状が出るため、分かりやすい為です。

 

慢性色素性紫斑は血液検査で異常が認められるのか

慢性色素性紫斑は血液検査や尿検査をしても、とくに異常は認められないでしょう。ですから悪化しても命に関わるような病状になることはありません。合併症に何かかかることもないでしょう。

 

慢性色素性紫斑かどうかを判断してもらうには

慢性色素性紫斑かどうかきちんと判断してもらうには、病院へ行くのはもちろんですが、皮膚科か皮膚泌尿器科に行って専門の先生に診てもらった方が良いでしょう。専門の先生でなければ分からないこともありますので、出来れば大きな病院へ行った方が良いです。

 

慢性色素性紫斑は血液検査や尿検査をしなくても、病名を確定することが安易な疾患です。

 

紫斑が色素沈着することが多いことから、判断がしやすいからです。また血液検査や尿検査をしても特に異常が認められることはありません。他の紫斑病に比べて合併症が引き起こされることもないです。しかし慢性色素性紫斑は慢性化しやすく、なかなか治らないといわれています。また治っても再発しやすいとも言われているため、じっくりとつきあっていかなくてはならない人も出てきます。

スポンサーリンク