慢性色素性紫斑とむくみ

慢性色素性紫斑とむくみ

慢性色素性紫斑とむくみ

慢性色素性紫斑は立ちっぱなしでいることで足に負担がかかり、むくみがでることもあります。慢性色素性紫斑でむくみが出た場合どのように対処すれば良いのか、慢性色素性紫斑で紫斑が出るのはどうしてなのか、慢性色素性紫斑で検査を行うとしたらどのような検査をするのか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑でむくみが出た時の対処について

慢性色素性紫斑でむくみが出てしまった場合には、寝る時や休む時などに足を高くあげて横になるということが大切です。立ちっぱなしでいたりすることでもむくみなどが出ることがありますので、出来るだけ立ちっぱなしを避けるということも大切で対処するようにしましょう。

 

慢性色素性紫斑で紫斑が出るのはどうしてなのか

慢性色素性紫斑では皮膚の近くで紫斑が出るといわれているため、体の中で出血しているわけではないので内臓疾患に影響はないですが、毛細血管の抵抗力が弱くなっていることで紫斑が出ます。加齢などが原因になっているとも考えられているようです。

 

慢性色素性紫斑で検査を行う場合にはどのような検査か

慢性色素性紫斑は血液検査で異常が出ることはあまりない疾患ですが、検査をするとしたらどのような検査をするのかというと、出血時間や凝固時間、またPlt数、Rumpel-Leede試験などの検査をして異常がないか調べていきます。

 

慢性色素性紫斑は立ちっぱなしでいたりするとむくみが出たりするため、立ちっぱなしでいるような事は避けた方がいいでしょう。できるだけ寝るときなどには足を高い位置にあげるようにするとむくみを避けることが出来ます。また、慢性色素性紫斑の紫斑は毛細血管が弱くなり抵抗力も弱まっていることから出ると考えられます。

スポンサーリンク