慢性色素性紫斑とかゆみ

慢性色素性紫斑とかゆみ

慢性色素性紫斑とかゆみ

慢性色素性紫斑は基本的にはかゆみは生じないものとされていますが、紫斑の型によってはかゆみを生じることもあります。慢性色素性紫斑はかゆみや痛みなどの反応は人によって出たり出なかったりするのか、慢性色素性紫斑にはいくつかの型があるがどのような型があるのか、かゆみが強い慢性色素性紫斑はどのような型なのか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑はかゆみや痛みを伴う人はいるのか

慢性色素性紫斑は痛みを伴うような症状が出ることはありません。かゆみについては、基本的には出ないようですが、状態によってはかゆみが生じる人もいます。また慢性色素性紫斑の型によっても変わってくるようです。

 

慢性色素性紫斑にはいくつかの型があるがどのような型があるのか

慢性色素性紫斑にはシャンバーグ病、マヨッキー紫斑、紫斑性色素性苔癬状皮膚炎、掻痒性紫斑などがあります。これらについて全ては原因は不明とされていますが、扁桃腺炎や薬剤投与によることが原因になっているかもしれないとの報告などがあります。

 

かゆみがとても強い慢性色素性紫斑はどのような型なのか

かゆみがとても強い慢性色素性紫斑の型は掻痒性紫斑です。掻痒性紫斑は激しいかゆみが襲います。かゆみが酷い時には抗ヒスタミンなどの薬を投与していきます。慢性色素性紫斑は全て対症療法になっていますが、慢性化しやすい疾患なので、なかなか治癒が難しいとされています。

 

慢性色素性紫斑は強いかゆみを襲う型があり、掻痒性紫斑といいます。慢性色素性紫斑にはいくつかの型があり、シャンバーグ病、マヨッキー紫斑、紫斑性色素性苔癬状皮膚炎、掻痒性紫斑などの型に分かれています。それぞれ症状なども変わってくるため、皮膚科できちんと診断してもらうことが大切です。

スポンサーリンク