大人・成人の紫斑病性腎炎

大人・成人の紫斑病性腎炎

大人・成人の紫斑病性腎炎

紫斑病性腎炎は急性腎炎の症状があらわれる紫斑病で、腹痛などをともなうこともあります。

 

成人の大人でも発症する紫斑病です。紫斑病性腎炎は大人にどのように発症することがあるのか、紫斑病性腎炎はどのように治療していくのか、紫斑病性腎炎でステロイド剤を使用すると副作用は出るのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は成人の大人にどのように発症するのか

紫斑病性腎炎はアレルギー性腎炎などから腎機能低下によることで発症することなどがあります。

 

アレルギー性腎炎は小児がかかる疾患ですが大人がかかることもあります。紫斑病性腎炎が重症化すると腎不全になり、人工透析を受けなければならなくなる事もあります。

 

紫斑病性腎炎の治療について

大人の紫斑病性腎炎の治療は基本的には薬物治療などをしていくしかありませんが、無理をすると紫斑がひどくなったり、腎炎も悪化することがあるため無理をするのは禁物です。なかなか成人になってから紫斑病性腎炎を発症すると治りにくいと言われています。また良くなっても再発しやすいと言われているため、気を付けて生活するようにしましょう。

 

紫斑病性腎炎でのステロイド剤について

紫斑病性腎炎はステロイド剤で治療していくことがありますが、ステロイド剤は時に副作用が起きることがあります。一般的に副作用の代表的なものとして、ムーンフェイスという顔が腫れあがるような症状が起こることがありますが、薬を服用している間だけです。

 

紫斑病性腎炎は成人の大人にも発症することがあります。急性腎炎の症状があらわれ、腎臓の機能が悪化すると腎不全になることもあり注意が必要な疾患です。ステロイド剤を使用して治療することがあり副作用が出ることもありますが、薬を服用している時だけです。

スポンサーリンク