紫斑病はストレスが原因となるのか

紫斑病はストレスが原因となるのか

紫斑病はストレスが原因となるのか

オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す健康法として実践されているものです。また、500を超える症例に優れた効果をもたらした実績があるようです。

 

自律神経とホルモンの分泌を正常に調節することが本療法のメカニズムとしています。薬剤を使用せずにヒト本来の持つ自然治癒力を上げる療法で副作用がないのも利点です。

 

ITPに対する治療原理は次の通りです。

  • 自律神経失調を正常にすること
  • 交感神経の優位から全身の血行を良くして体を温めること
  • 胃腸など消化器系の虚弱を改善し、栄養摂取を促すこと
  • ホルモンの分泌を恒常化し、自然治癒力を引き出すこと

治療実績はあるとしても予防に有効であるかは不明です。

 

ただし、原因不明の紫斑病患者が発症までにストレス下にさらされている傾向が強いと認められた場合は、音楽聴講の習慣が発症を回避してくれる可能性はあると思います。

 

しかしながら、アレルギー性紫斑病をはじめ、微生物感染や予防接種など外来抗原の暴露に続発するケースが多いのでその予防効果は限定的と考えられます。

 

血流の悪化は体温の低下を招き、白血球が正常に機能せずに宿主は免疫力を失い、結果として脆弱な個所に症状として現れます。

 

大きな精神的ショックがストレスとなり、結果として血小板減少や血行障害が見られるようなら紫斑病もその1つになる可能性はありますが、それは極めて低いと考えられます。

 

リラクゼーションの習慣から体をストレスから避けるのは紫斑病に限らず有効です。

 

紫斑病に関しては避けらないリスクがあり、特に小児では抗原の影響が強いです。

 

紫斑病の予防には抗原からその可能性を探索するのが妥当であると思います。

スポンサーリンク