紫斑病性腎炎は完治するのか

紫斑病性腎炎は完治するのか

紫斑病性腎炎は完治するのか

紫斑病性腎炎は一度発症するとなかなか完治が難しい病気のようです。紫斑病性腎炎は完治はなぜ難しい病気なのか、紫斑病性腎炎で数年入院しなければならない事はあるのか、紫斑病性腎炎を発症した人の検査結果はどのように出るのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎は完治することはできるのか

紫斑病性腎炎は結論からいってなかなか完治が難しい病気とされています。一度経過が良くなっても、数年後まで再発する可能性を残していると考えられ、完治したとは考えにくくなるからです。

 

もちろん自然に治り、症状がしばらくでない人もいると思われますが、内臓疾患なので絶対はありません。

 

紫斑病性腎炎で数年間入院が必要な場合はあるのか

紫斑病性腎炎は小児に発症しやすいですが、紫斑病性腎炎で年単位で入院しなければならない人もいるようです。この病気は個人差があり、軽度の人もいますが重症になる人もいます。

 

いろいろな症状が出て長い期間安静が必要となり、腎生検をしなければならなくなると、入院生活が長引くようです。

 

紫斑病性腎炎の検査結果はどのように出るのか

紫斑病性腎炎を発症している人の検査結果は、血小板、補体は正常値で、白血球、血清IgAは少し上昇がみられるようです。また血尿、タンパク尿、赤血球円柱、変形赤血球などがみられます。

 

人によっては、IgAリウマチ因子、ASOなどが陽性になる人もいます。

 

紫斑病性腎炎は難病ですので、なかなか完治という言葉まで達するのが難しい病気です。

 

経過がよくなっても、数年後に発症することもありますし、違う症状などが出る場合もあります。

 

紫斑病性腎炎で入院することになると、軽い人ですと数カ月で退院できますが、重症の人では数年入院しなければならない事もあります。

スポンサーリンク