紫斑病性腎炎の症状

紫斑病性腎炎の症状

紫斑病性腎炎の症状

紫斑病性腎炎はタンパク尿や血尿が出る場合最初は無症状のことがあります。紫斑病性腎炎はどのような症状が出るものなのか、紫斑病性腎炎からネフローゼ症候群や急性腎炎症候群はどのくらいの割合で発症するのか、紫斑病性腎炎を診断する時にはどのような検査が行われるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病性腎炎はどのような症状がでるものか

紫斑病性腎炎は紫斑が出たり、タンパク尿や血尿が出ることによって発覚することがありますが、急激に悪化していくわけではありません。しかし症状がでたらすぐに病院へ行った方が良いです。他の症状として現れる場合には、全身倦怠感や微熱などが出ることがあります。

 

紫斑病性腎炎は違う病気をどのくらいの割合で発症するのか

紫斑病性腎炎は急性腎炎症候群や、ネフローゼ症候群を発症することがあります。紫斑病性腎炎がおさまってもどちらかを発症することもあります。急性腎炎症候群は8%くらいの確率で発症し、ネフローゼ症候群は15%くらいの確率で発症します。そのような病気が発症すると、高血圧になったり頭痛が起こったりすることがあります。

 

紫斑病性腎炎を判断する時にはどのような検査が行われるのか

紫斑病性腎炎の診断をするための検査とは、尿検査、血液検査、細胞診、超音波検査などがあり、それぞれ症状によって検査内容も変わってきます。確定的な診断をするためには腎生検が必要となってきますが、腎生検とは細い針で体の一部の組織をとってくる検査のことです。

 

紫斑病性腎炎の症状は、紫斑が出たり、尿蛋白や血尿が出ることがあります。紫斑が出た後に尿蛋白や血尿が出ることが多いですが、紫斑が出た時点で病院へ行くようにした方が良いです。

 

また、紫斑病性腎炎はネフローゼ症候群や急性腎炎症候群を併発することがありますので、治ったと思っても違う病気が発症することがあります。

スポンサーリンク