血栓性血小板減少性紫斑病と出血

血栓性血小板減少性紫斑病と出血

血栓性血小板減少性紫斑病と出血

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少することで出血しやすくなる病気です。血栓性血小板減少性紫斑病は発症するとどのようなところから出血してしまうものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は出血の他にどのような症状がでるものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は何と呼ばれているのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は出血しやすくなるものか

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少しやすくなるために出血傾向になり、歯茎から血が出やすくなったり、生理がなかなかとまらなくなったり、血便や血尿などが起こることがあります。出血しやすいので急性骨髄性白血病などと症状が似ているところがありますが、何か症状が起こったらすぐに病院で診てもらうようにした方が良いでしょう。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は出血の他にはどんな症状があるのか

血栓性血小板減少性紫斑病は出血しやすいのが症状となっていますが、他にも白目の部分が黄色くなったり、尿の量がとても減ったり、紫斑が出たり、頭痛、痙攣、めまいなどの症状が起こることがありそのような症状から総合的に判断しなければならない病気なので、血栓性血小板減少性紫斑病と分かるまで時間がかかることがあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は何と呼ばれているのか

血栓性血小板減少性紫斑病は長い病名なので、略して「TTP」と呼ばれています。ネットなどで詳細が知りたい時にはTTPと検索してデータなどを集めるのも良いです。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少する病気なので出血傾向になりやすく、さまざまなところから出血することがあります。歯茎からの出血、血尿、血便、生理がなかなかとまらないなどの症状が起こることがあり、いつもと違う症状だなと感じたら、少しでも早く病院で診察を受けることが重要です。

スポンサーリンク