血栓性血小板減少性紫斑病と骨髄

血栓性血小板減少性紫斑病と骨髄

血栓性血小板減少性紫斑病と骨髄

血栓性血小板減少性紫斑病を発症しているかどうかを判断する時に骨髄穿刺をすることがあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は骨髄穿刺の検査をするものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのような検査を行うのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのような症状が出てくるのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病には骨髄穿刺は必要な検査なのか

どうしても血栓性血小板減少性紫斑病と判断しにくい場合があります。そのような場合には骨髄穿刺を行うことがありますが、どちらかというとその他の検査で血栓性血小板減少性紫斑病と判断できる材料が多いため、骨髄穿刺はあまりすることはありません。体にもとても負担が多いという理由もあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病はどのような検査をしていくものか

血栓性血小板減少性紫斑病と診断するための検査としては、血液検査とくに血小板が減少しているかどうかの詳細の検査や、尿検査、病理組織検査、画像診断検査、骨髄検査などで総合的に判断して診断していきます。

 

血栓性血小板減少性紫斑病はどのような症状が出るものか

血栓性血小板減少性紫斑病は紫斑病の一つで紫斑病でも難病指定されているあまり症例のない病気です。主に発熱・紫斑・倦怠感・出血傾向などが起こるなどの症状が出ます。症状が急速に悪くなり腎機能が悪くなることもあるため、注意が必要です。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の病気がなかなか判断つかないような時には、骨髄穿刺の検査を行うことがありますが、その他にも症状がいろいろ出たりするため体に負担が多い検査のためそれほど頻繁に行うことはないものとされています。一般的には血液検査や、尿検査、病理組織や画像診断などの検査で診断を確定していくものとされています。

スポンサーリンク