血栓性血小板減少性紫斑病と血管炎

血栓性血小板減少性紫斑病と血管炎

血栓性血小板減少性紫斑病と血管炎

血栓性血小板減少性紫斑病と同じ紫斑病の中でヘノッホ・シェーンライン紫斑病は血管炎の一つです。

 

血管炎は血栓性血小板減少性紫斑病のように紫斑病が出るものなのか、ヘノッホ・シェーンラインとはどのような血管炎の病気なのか、ヘノッホ・シェーンラインは他にどのような名前で呼ばれているのか、などを紹介したいと思います。

 

血管炎は血栓性血小板減少性紫斑病のように紫斑ができるものなのか

血管炎はいろいろな病気がありますが、血栓性血小板減少性紫斑病のように紫斑ができることが一つの症状となっています。紫斑病と違うところは血液を含んでいる水膨れのようなものが出来るところが血管炎の特徴です。ヘノッホ・シェーンラインは血管炎のひとつの病気とされています。

 

ヘノッホ・シェーンラインとはどのような血管炎なのか

ヘノッホ・シェーンラインは紫斑病で症状としては、紫斑、紅斑、潰瘍、血疱などが出来て、関節痛や腹痛、血尿、蛋白尿など基本的な紫斑病と同じような症状が出ます。また腎機能が低下することによって腎障害が起こることもあります。

 

ヘノッホ・シェーンラインは他にどのような名前で呼ばれているのか

ヘノッホ・シェーンラインはアナフィラクトイド紫斑とも呼ばれている病気です。小児に多い病気で特に下肢や臀部などにアザのような紫斑があらわれやすいと言われています。

 

紫斑病にはいろいろな種類があり、血栓性血小板減少性紫斑病のように血小板が減少することによって引き起こされる紫斑病もありますが、血管炎の一つであるヘノッホ・シェーンラインも紫斑病です。

 

ヘノッホ・シェーンラインは別名アナフィラクトイド紫斑とも呼ばれていて、溶連菌が関係しているともいわれ小児に多い疾患です。

スポンサーリンク