血栓性血小板減少性紫斑病と肝硬変

血栓性血小板減少性紫斑病と肝硬変

血栓性血小板減少性紫斑病と肝硬変

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少する病気です。重度の肝硬変や再生不良性貧血なども血小板が減少します。血小板が減少するのは血栓性血小板減少性紫斑病の他にどのような病気があるものなのか、血小板が減少するとどのような症状があらわれるものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病に効果的な漢方薬はあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の他に血小板が減少する病気とは

血栓性血小板減少性紫斑病は血液検査で血小板が減少しているのが分かることによって病気が分かります。

 

他にも血小板が減少する病気は、重度の肝硬変、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などがありそれらの病気との違いをきちんと見極めする必要があります。

 

血小板が減少することによってあらわれる症状とは

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少することによって分かりますが、血液検査をする前に症状が出ておかしいな、と分かることがあります。普段よりも出血しやすくなることが多いですが、生理が止まらなくなったり、鼻出血、血尿、血便、歯を磨いた時に出血する、といった出血傾向からわかることもあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病に効果的な漢方薬とは

漢方薬は東洋医学なので即効性のある薬ではありません。長期に飲んで効果が分かるものです。

 

血栓性血小板減少性紫斑病に効果があると言われている漢方薬は、温清飲、柴胡桂枝湯、小建中湯、活血扶正湯などが血小板減少に効果があると言われています。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板が減少する病気で、血小板が減少してしまう病気として重度の肝硬変や再生不良性貧血などがあります。すぐにでも治療しないと危険な病気ですが、診断を早く確定して早めに治療をはじめることがとても重要です。

スポンサーリンク