単純性紫斑病の治療方法

単純性紫斑病の治療方法

単純性紫斑病の治療方法について

通常は処置を必要としていません。一般に極端な運動は止めて安静を心がけます。また、単純性紫斑病は一度消えても再発する可能性が高いので、経過をよく観察しましょう。単純性紫斑病は診断が難しいので、ほとんどの場合は見た目で判断をしなければなりません。自己判断では他の疾患との識別は困難ですので、皮膚科医の判断も参考にしましょう。

 

治療法

発症しても数週間で自然に消えてゆく場合がほとんどなので、特別な治療は必要ありません。しかし、症状によっては血管を強化するためにビタミンCを内服する場合があります。

 

ビタミンCと血管壁

ビタミンCは血管壁の強さに影響を与えます。毛細血管はその名の通り血管の中で最も小さい血管です。コラーゲンは体内で血管の構成要素で、毛細血管の強度や弾力性に影響を与えます。

 

ビタミンC が不足すると毛細血管が破裂しやすくなり、血液が周辺の組織に流れ出してしまいます。これが体の深い位置で起こると疼痛や関節痛を引き起こし、さらに胃や腸、腎臓などで起こると壊血病となり、死に至ることがあります。この血管の破裂が皮膚の表面近くで起こり、紫斑が現われるのが単純性紫斑病です。

 

ビタミンCによる治療法

植物は自分の力でビタミンCをつくりだすことが可能です。野菜や果物は切られると自分を守ろうと細胞の中にビタミンCをつくるので、切った後に放置しておけばビタミンCが増えるといわれています。

 

しかし、ビタミンCが2倍増えるためには250Cで2日間を要するので、食事に取り入れるには工夫が必要です。そこで推奨されているのが、冷凍と解凍を加熱に代用する調理法です。植物のビタミンCはゆでると溶け出してしまうので、冷凍と解凍を利用したゆでない調理法で効率的にビタミンCを摂取しましょう。

スポンサーリンク