血栓性血小板減少性紫斑病とステロイド

血栓性血小板減少性紫斑病とステロイド

血栓性血小板減少性紫斑病とステロイド

血栓性血小板減少性紫斑病はステロイドを使用して治療していくことがあります。血栓性血小板減少性紫斑病でステロイドを使用する時とはどのような時なのか、血栓性血小板減少性紫斑病の症状によって程度を分けることはできるのか、血栓性血小板減少性紫斑病でステロイドを使用した場合副作用はあるのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病でステロイドを使用する場合とは

血栓性血小板減少性紫斑病の中でも先天性のものと後天性のものがありますが、後天性の血栓性血小板減少性紫斑病の場合、血漿交換での治療が一般的です。その場合、追加でステロイド、ステロイドパルス療法を併用して治療していくことがあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は症状などによって程度分けするのか

血栓性血小板減少性紫斑病の中でも軽症、中等症、重症などの程度で分けることが出来ます。

 

軽症の場合には治療をとくに行うことなく、経過観察だけで終わるケースもあり、全てが重症化するわけではありません。しかし医師の判断が必ず必要ですので、きちんと病院へ通わなければならないでしょう。

 

血栓性血小板減少性紫斑病でステロイド剤を使用した時の副作用について

ステロイド剤はとても有効なものですが、長期に使用したり大量に使用したりすると、副作用が起こることがあります。ムーンフェイスといって顔が腫れてしまうような症状が起こることがあったりしますが自己判断で薬を止めたりするのは命に関わるため、きちんと医師の指示通り飲む必要があります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病はステロイドを使用して治療していくことがあります。とくに後天性の血栓性血小板減少性紫斑病ではステロイドを使用するのが普通です。ステロイドは副作用が起こることがありますが、自己判断で中止するのは危険な薬です。

スポンサーリンク