慢性色素性紫斑の原因

慢性色素性紫斑の原因

慢性色素性紫斑の原因

慢性色素性紫斑は中年以降の男性に多く見られる病気で、紫斑や色素沈着、毛細血管拡張症などが引き起こされる病気です。慢性色素性紫斑になる原因とは、慢性色素性紫斑は症状によって分類別にされているのか、慢性色素性紫斑はどのような症状があらわれるのか、などを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑の原因とは

慢性色素性紫斑の原因ははっきりとは分かっていませんが、毛細血管が鬱血してしまうことが原因でおこったり、微小循環障害が原因になることがあると言われています。また普段着たりしている衣類などの摩擦などによっても引き起こされることもあるのではないか、ともいわれています。

 

慢性色素性紫斑の分類別とはどのようなものか

慢性色素性紫斑は症状によって分類別にされ、シャンバーグ病、血管拡張性環状紫斑や紫斑性色素性苔癬様皮膚症、痒痒性紫斑などがあります。代表的なものはシャンバーグ病で症状は両足の下腿にあらわれることが多いとされています。

 

慢性色素性紫斑の症状は

慢性色素性紫斑ははじめは点状の紫斑がでますが、時間経過とともに紫斑の色が紅褐色斑に変化していきます。

 

また症状がでる部位は両側にでやすく、下腿などの足に出てきますが、どんどん広がって紫斑の部分が広くなっていくのが特徴です。乾燥した紫斑には痒みを伴うこともあります。

 

慢性色素性紫斑は中年以降の男性が発症しやすい病気で、下肢に主に症状がでると言われています。

 

初期には下肢だけであった部位も大腿部、臀部などに広がって、紫斑も紅褐色斑ででるのが特徴です。

 

慢性色素性紫斑は毛細血管が鬱血してしまうことが原因であったり、着る洋服の摩擦などが原因になって起こるとも言われている疾患です。

スポンサーリンク